忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/28 (Fri) |

今夜のおかず

みっちゃんが鱈の身アラを買って来たので、常々気になっていた、とある料理に挑戦してみました。

その料理とは・・・・・・
バカリャオのコロッケです(’’)
イベリア半島近辺の酒場で食べれる鱈を材料にしたアレです。
乾し鱈で無く生鱈が材料なので、フィーリングでてけとーに、海賊風ということで作ってみましたが、激しく美味しいものに仕上がりました(’’)
ばかりゃおのころっけ

とゆわけで、れしぴを書いてみたり。

■海賊風バカリャオのコロッケ
▲材料
・生鱈(どーせほぐすので、切り身じゃなくて、安い身アラがお勧め)
・じゃがいも(メークイン系がいいかも。男爵だとちょっと焼くときに崩れちゃいそう)
・香辛料(今回使ったのは、マジョラム、粉末オレガノ、バジル、黒コツヨウ、白コツヨウ)
お好きにてけとーな香辛料でおkだと思う。
・塩(シチリアの岩塩とかお勧め)
・植物油、バター
▲作り方
(1)とりあえず、フライパンを熱して植物油(ピュアオリーブオイルとか、グレープシードオイルとか、米油とか、癖の無いのが良い予感)を引いて、塩を振った鱈を皮目から焼く。皮に焦げ目が付くくらいまで焼いたら、お酒(白ワインか日本酒が適当だと思う。たぶん)を適当に入れて、フライパンに蓋をして酒蒸しにする。

(2)ジャガイモの皮を剥いて、箸で突いて通るくらいまで茹でる。

(3)蒸した鱈をほぐす。皮も適当にほぐす。ほぐした鱈に、マジョラム、オレガノ、バジル、塩コツヨウをまぶす。

(4)茹だったジャガイモをしゃもじで適当に潰しつつ、バターを混ぜる。あんまり練ったりしないで、ざっくり適当にするのがコツ。

(5)卵に塩少々を入れて、ゆるゆるに溶く。

(6)ほぐした鱈とジャガイモと溶き卵を混ぜ、ハンバーグ大に形を整える。

(7)フライパンに多めに油を引いて、両面がキツネ色になるまでひっくりかえしつつ焼く。

(8)完成♪
コツは油をケチらないことと、塩加減。
もし、材料に乾し鱈を使うなら、塩は加減したほうが良い予感。
鱈じゃなくても、ホッケとかスズキとか果てはサメとかチヌとかブラックバスとか、白身の魚ならなんでもできるかも。
ブラックバスやらチヌを使う時は香辛料を多めに使えばおkだと思う。たぶんwwwっっwっw
PR
2007/06/17 (Sun) | Trackback(0) | Comment(6) | 大航海時代
COMMENTS
NAME :
TITLE :
COLOR :
COMMENT :
PASS :

無題

オオーw(*゜o゜*)w
ほんとに、作るとは。。。w

私も挑戦してみよっと。。。


無題

うまかったっす~。
ごちそうさまでしたw


無題

くぅw
みっちゃんがウラヤマシス(´・ω・`)


無題

しどさんも誰かに作ってもらったら?w
そんなに難しい料理じゃないぉ。
次はクスクスに挑戦する予定(’’)


無題

ばか


無題

お前、いつまで引きこもりしているんだ。くそみたいなHP開いて。ブスはブスなりに覚悟してさらせ


TRACKBACKs
トラックバックURL: